親の介護を応援する行政書士

笑い合える介護

介護というと、まずは身の回りのケアのことが思い浮かぶかもしれません。

 

しかし、それだけしか見ていないと、思わぬ落とし穴にハマってしまうことがあります。

 

介護は長丁場になることが多いものです。

 

燃え尽きを避けて余裕ある介護を続けていくには、ふさわしい環境づくりが必要です。

 

 

例えば、親の介護であれば、誰が行うかということで兄弟同士のトラブルに発展することが少なくありません。

 

そうならないためには、誰が中心となって介護を行うか、他の兄弟はどのように協力するのかということを前もって取り決めておくことが役立ちます。

 

そして、その約束を確実なものにするために法律的な文書を作っておくなら安心できます。

 

親の介護に関する取り決めでは、「扶養義務契約公正証書」という文書がそれにあたります。

 

これは一例に過ぎませんが、他にも親の介護に関わる問題として、財産管理や実家の相続に関する問題、介護サービスの利用に関することなどがあげられます。

 

こうした関係する問題を文書によって見える化(情報化)しておくなら、先でのトラブルを防げるだけでなく、無理のない介護のための仕組みづくりができます。

 

それが、余裕ある介護へとつながっていきます。

 

行政書士がお手伝いできること

 

行政書士という専門家になじみのない方は多くおられると思います。

 

しかし、行政書士を上手に活用するなら、最適な介護環境を構築していく上でお役に立てることが幾つもあります。

 

その主な分野を挙げてみます。

 

・扶養義務に関する取り決め
・要介護者の財産管理のこと
・遺言書作成に関すること
・遺産相続手続きに関すること